英語が苦手な人ほど留学へ行くべし

飛行機 フィリピン生活

こんにちは、エスカマンです。(@escamanblog

こんにちは、ザコリーマンのエスカマンです。

さて皆さん、英語は好きですか?おそらくこのページを読んでいる方の大半は英語が苦手な方々だと思います。今日は高校時代はスポーツに明け暮れ、大学入学時には英語のクラスが最下位だった私の留学体験談を記事にしていこうと思います。

飛行機

私の過去

これから留学に行きたいけど不安な方は是非この記事を見てみてください。

2015年4月 大学入学 英語のクラス最下位

高校生まで部活動に熱心に励んでいた私は英語の授業は大体寝ていたし、goの過去形はwentということすら分からない状態でした。(今これを見ていて分からない人でも大丈夫です)もちろん英語の成績はダメダメで大学入学後のクラス分けテストではほぼ白紙状態で提出した覚えがあります。

そんな私は、当たり前のように一番下のクラスに入れられることになるのですが、なんと先生は日本語が話せないイギリス人だったのです。それまで英語の授業は日本人の先生から教えてもらっていたし、英語なんて全く分からなかったので最初の授業の自己紹介の段階から何も分かりませんでした。周りの学生が“My name is~”と名前を言っていましたが、私にはそれが何なのかすら分からない状態で、とりあえずどんな質問をされても唯一知っていた“Hello, I am fine”を言っていました。

英語が分かるようになってから先生に教えてもらったのですが、半年くらい私の名前はFineさんだと認識されていたそうです。一番下のクラスでもダントツで最下位の成績でした。

たしか「トイレに行きたい」が言えずに漏れそうになるまで我慢したこともありましたね。

そんなこんなで同級生にも馬鹿にされながら1年が過ぎましたが、ふと気づきました「このままじゃ単位ヤバイ…」

そうして何かモヤモヤを抱えたまま大学2年生になりました。

※単位…どれだけ学習したかの証明。大学卒業に必要。

英語の勉強法調べまくる

英語の単位に危機感を感じていた私は、インターネットで英語学習で調べまくりとある記事をみつけました。そこには、「赤ちゃんが言葉を覚えるときに教科書で勉強はしますか?英語は環境次第で修得できます。」というようなことが書かれていました。

「たしかに、、、よし、海外行こう」と思い記事を読んだその日のうちに安く行ける留学先を探し申し込みを完了させました。留学行こう!!!初の留学先は費用が安いフィリピンに決めました。

↓こちらの記事もどうぞ
コスパ最強!0円で行ける留学先があった

2016年8月 初めての海外留学(1か月)

遂に大学生が待ちに待った8月の夏休みがやってきました。皆は嬉しそうに帰省先へ帰ったり、友達と遊ぶ約束をする中、私は一人緊張していました。4月に申し込んだ海外留学が始まるからです。英語が分からない、初めての海外渡航、一人ぼっち、ものすごく不安でした。

両親が車で空港へ送ってくれ不安を抱えたまま飛行機で異国の地へと一人旅立ちました。

マクタン・セブ国際空港に到着し、空港を出るとすぐに語学学校「AHGS English Academy」の日本人スタッフが学校名を掲げたまま待っていて、不安は少し解消されました。しかもこの学校、なんと無料で留学できちゃうプランもあるんです。詳しくは公式サイトへ

留学先の学校
私が通っていた語学学校

写真のような立派なビルに毎日通学していました。ここでは朝8時から夕方5時までみっちりマンツーマンレッスンを受けていました。フィリピン人の先生と一対一で8時間話すことになるためかなり英語のトレーニングができたと思います。

世間は夏休みだし、リゾート地セブ島での留学なので遊びに来た大学生などもいましたが、私はこの1か月間、必死に勉強しました。

英語を話すセブ島の子供たち
元気に遊ぶ島の子供たち

1か月が経って、余裕で英語が話せるという状態にはまだまだなれませんでしたが、買い物をしたり、子供たちと遊んだり、簡単なことは伝えることが出来るようになりました。もちろんこの時には簡単な自己紹介はできるし、トイレに行きたければ伝えられます。

そして、帰国日に帰りの飛行機の搭乗を待っていると事件が起きました。なんと飛行機が遅延してとりあえず首都マニラ行きの飛行機に乗れとのことです。ただ、セブパシフィック航空という安い航空会社を使っていましたが、遅延のお詫びとしてマクドナルドのチキンセットを乗客全員に配ってくれました。

無料配布のマクドナルドのチキンセット
空港で配られたマクドのチキンセット

マニラについて一安心したのも束の間、今度は航空会社のミスで荷物がなくなってしまい、乗り換える予定だった日本行きの飛行機も飛び立ってしまいました。空港のスタッフに英語で状況を伝え、航空会社にホテルと車そしてドライバーを手配してもらい、とりあえずマニラで一泊することになりました。

マニラの景色
ホテルの部屋からの景色

食事も交通費も全て無料でホテルの高層階に泊まることが出来ました。無くなった荷物も見つかり空港の職員がホテルまで運んできてくれました。大変ではあったものの英語を実践で使う機会にもなったし、良いホテルでおいしいものも食べられて良い経験となりました。

2016年9月 アイルランド留学(6か月)

1か月のフィリピン留学を終えてすぐに大学の交換留学のプログラムを使ってアイルランドの首都ダブリンにあるDublin City University(ダブリン市大学)に行きました。この留学も語学力に関係なく誰でも行けるものです。

首都の中心地でもあまり高い建物はなく広々とした自然が多い国です。

留学先 ダブリンの町
ダブリンの中心地

アイルランドではフィリピンの時と違い各国から集まってきた生徒たちとのグループ授業でしたが、なんとここではクラスが一番下ではなく下から2番目のクラスに入ることが出来ました!!!

フィリピン留学のおかげで確実に進歩しました。留学中はそこまで実感できませんでしたが少しだけ結果がでてうれしかったです。

アイルランドではミュージックパブが大量にあり、私も到着した次の日にはアイルランド産のGUINNESSビールを飲みにパブまで行きました。

ミュージックパブの写真
ミュージックパブ
ギネスビール
アイルランド発のギネスビール

ホームステイ先でもオマーンからの留学生が3人いて楽しい留学生活が始まりました。

しかし、いいスタートを切れましたが長く生活していると1つ問題が起こりました。留学にきて3か月経っても先生の言っていることが全然分からなかったのです。理由は日本の大学で教わっていたイギリス人やセブ島留学時のフィリピン人と違ってアイルランドの先生はかなり早いスピードで話します。やはり日本やフィリピンの授業では私に合わせてゆっくり話してくれていたのです。

そのため、3か月も経ってこんなに分からないなんて、学費を出してくれた両親に申し訳ないと感じるようになり少し落ち込んでいました。

そんな時に現地で仲良くなった韓国人に誘われて一緒にイギリスの首都ロンドンに旅行に行くことになり、英語でコミュニケーションを取って旅行していたので「やっぱり自分の英語は使える!」と元気を取り戻せました。

ロンドンの夜景
韓国人と行ったロンドンの夜景

年が明けて授業が始まりましたが、やはり先生の言うことが分からずモヤモヤしていると、2月に日本から春休みの短期留学生が大量にやってきて授業を一緒に受けるようになりました。

一緒に受けていて数日たったある日「どうやったらエスカマンさんみたいに英語が分かるようになりますか?」って言われたんです。先生からの質問にも答えられているし日本から来たその人から見たら私が英語ができる人に見えたそうです。

その日を境に自信がつきアイルランド留学5か月目から一気に先生の言っていることが確実に聞き取れるようなりました。もしかしたら、本当は理解できていたけどわからないと思い込んでいただけかもしれません。日本人が町中で英語が話せなくて困っているときは、助けてあげられるくらいの実力になっていました。

そして6か月目、せっかく英語が分かるようになってきていよいよこれからが楽しみだというときに帰国の日がやってきてしまいました。

アイルランドでもいくつかの事件が起きましたがそれはまた今度記事にします。

2017年8月 2度目のセブ島留学(1か月)

6か月の留学を終えて気づけば大学3年生になってしまっていました。3年生の授業では経済やビジネスの授業も英語で受けることが出来たため、私はほとんどの授業を英語で受けれるものに絞り選択しました。しかし、経済やビジネスの授業となるとやっぱりほとんどが聞くだけのものです。話す機会が減ってしまうと英語は話せなくなっていってしまうので再びセブ島に留学に行くことにしました。

2度目のセブ島留学では前回とは学校を変えてセブ島のIT Park という外資系企業が多く集まるオフィス街の中にある「Kredo」というIT×英語を教えてもらえる学校に通いました。

語学学校の入ったビル
IT Park にある語学学校の入ったビル

前回もそうでしたが、セブ島の語学学校は非常に奇麗なビルに入っているところが多いです。初めてのセブ島留学では英語猛勉強のため1日8時間コースを選択しましたが、さすがにある程度英語がわかってきていたので、この留学では授業は午前中だけにして少し時間に余裕を持たせた生活にしました。

この学校を選んで本当に良かったことが1つあります。それは現在付き合っているフィリピン人の彼女とIT Park内にあるレストランで出会えたことです。この学校を選んでいなかったら彼女に会うことはなかったと思います。

ただの英語学習ではなく留学には人生を大きく変える力もあると思います。

2018年9月 アメリカ滞在(3か月)

この滞在は留学ではありませんでしたが、アメリカの知り合いの家に3か月泊めてもらっていました。詳しくはまだ書けませんが脱サラに成功したときに詳しく書くことにします。楽しみにしていてください。

2018年12月 海外就職内定(その後取りやめ)

アメリカ滞在中に電話で面接し内定をもらっていました。中東の石油の国です。ただ、ビザの発行が遅れて大学卒業間近で内定お断りしています。これも脱サラ後に書いていこうと思っています。

2019年2月 3度目のセブ島留学(1週間)

3度目のセブ島留学です。もうすっかりセブ島に魅了されてしまい戻ってきてしまいました。このときは2016年に、何も分からない状態の私を受け入れていただいてお世話になった語学学校AHGS English Academyで2度目の授業を受けることにしました。

前に私の授業を担当してくれた先生たちは私の英語力の上達ぶりに驚かれていました。フィリピンはアメリカ同様転職が多い社会です。この時には前にいた先生方の多くは違うところに転職してしまっていたのは少し残念でした。

この留学中に前回出会った現在の彼女と再び出会い正式にお付き合いすることとなりました。彼女は日本語が話せないためもちろんコミュニケーションは英語で話しています。

2019年8月 セブ島滞在(1週間)

残りの2つの滞在は彼女に会うために行きました。社会人になりあまり行くことができなくなってしまいましたが、時間があるときはこれからも行こうと思っています。

この滞在ではAirbnbという世界中で民泊やゲストハウスに泊まれるサービスを利用しました。このサービスはホテルより安い部屋やお家一軒丸ごと貸してくれるホストもいるので、私は海外旅行の時によく使っています。

Airbnb 公式サイト
Airbnb 公式サイトより

Airbnbについての記事はまた今度記事にします。

2019年10月 セブ島滞在(1週間)

前回の渡航から時間があまり経っていませんが仕事に休みが出来たため訪れました。

セブ島、アイルランド、アメリカと3か国に滞在してみて色々大変なこともあったけど英語学習だけでなく様々な良い経験が出来ました。これから留学を考えている方は参考にしてみてください。

書きながら色々思い出して涙出てきました

最後に…

このブログでは他にも投資節約術ライフスタイルなどについて書いているので参考にしてみて下さい。

質問やコメントはTwitterにてよろしくお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓のリンクをクリックしていただけると励みになります

タイトルとURLをコピーしました